スポンサードリンク

2015年07月28日

松井稼頭央の父親と伝説・昔は家庭環境に苦労していた


こんにちは!YUiです。
今回は松井稼頭央さんの、

話についてお伝えしていこうと思います。


松井稼頭央さんといえば、
プロ野球選手ということでも有名。

1993年に西武ライオンズから、
3位ドラフト指名を受け入団。

足の速さと正確なバッティングで、
野手として活躍した。

選手として数々の賞を受賞し、
2000年には松井 美緒さんと入籍。

ニューヨーク・メッツやコロラド・ロッキーズ、
ヒューストン・アストロズへの移籍経験もある名選手である。

今回はそんな松井稼頭央さんの、
気になる情報に迫ってみた。

データ
松井稼頭央

情報その@父親

・父親の情報に関してはほとんどない、
 本人が球団名を和夫から稼頭央で、
 
 登録しているがこれが一時期在日では? 
 という噂が広まり父親もそうではないか?
 といわれていた時期がある。

・過去に祖父である松井次郎が家事で亡くなる、
 事件が報道されたことがある。

 祖父の実名である朴在潤の名前がTVで報道され、
 松井稼頭央自身も在日韓国人三世であることが、
 後に発覚した。

・かなり複雑な家庭環境で、
 父親の詐欺で騙された債権者がやくざを使って返済を、
 求めてきたこともあった。

・母親が1人でホステスで働き、
 息子・娘を育てていたこともあった。
 
(下に続きます)バッド(下向き矢印)
スポンサードリンク





松井稼頭央さん自身おとなしい性格で、
野球でメジャーで活躍するまでに至った、

背景には複雑な幼少期の家庭環境が、
少なからず影響していたようだ。

まさに苦労人とはこのことでしょう。

情報そのA伝説

・日本プロ野球で打率3割・30本塁打・30盗塁以上の、
 松井稼頭央がうちたてた記録は10年以上、
 誰も達成できていない

 これはイチローでも無理であった

・日米通算で450盗塁を達成した

・PL学園高校時代には奪三振ピッチャーとして、
 活躍していた時期がある

・シーズン中盗塁を26回して26回成功したことがある

・イチローや松井秀喜と同じく、
 日米通算2000本安打を達成した

野球に関してはうとい管理人ですが、
私が幼少期の頃には丁度西部ライオンズで、
活躍していたことは覚えている。

彼自身幼少期の複雑な家庭環境の経験がありながら、
現在まで野球選手として活躍している、
その原動力は尊敬に値する。

今日プロ野球通算 2000本安打達成の、
ニュースが流れかなり驚いたのである。

これからも球界でどのような活躍を魅せてくれるか、
楽しみな選手である。
posted by 芸能博士 at 22:05 | Comment(0) | 芸能人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。