スポンサードリンク

2014年12月12日

千葉真一の伝説と武勇伝・芸能界最強は誰だ!

tiba.png
今回は千葉真一さんの武勇伝について
お伝えしていこうと思います。
千葉真一さんといえば今や日本を、
代表する名俳優の1人。

俳優として海外でも評価をされていますし、
その演技力はさすがの一言。

アクション俳優としてのパイオニア的な
そんざいとしても知られており。

業界でももっぱら強いと言われる所以は
数々の武勇伝を見るになっとく物です。

最強度 A〜S

得意技 空手・殺陣

武勇伝


sinniti.png

・元陸上選手として高校3年生で
 全国大会優勝を果たした

・高倉健と映画で共演したことがある

・映画での演技で日本刀で
 実際に切られたことがある

・ブルースリーから映画出演のオファーを
 されたことがある

・ジャッキーチェンが千葉真一を尊敬していた

・日本や海外で空手がブームとなる
 きっかけとなった

・元アメリカ東海岸空手王者で巨漢の
 グレッグカーフマンにフルコンタクト空手の
 試合で勝った事がある

・息子の真剣佑も空手を習っており
 レオナルドディカプリオと同級生

・極真空手四段の腕前

・少林寺拳法二段の腕前
 
(下に続きます)
スポンサードリンク





際立った喧嘩に関するエピソードは
少ないもののアクション俳優としてや。

その世界的に有名になった活躍ぶりは、
多くの有名アクション俳優を生み出す、
きっかけにもなりました。

しかしながら千葉真一さんは怪我と、
何かと縁があり・・・

当時オリンピックを目指していた、
大学生の頃は腰をいため体操選手を断念。

他にも映画でのアクションではかなり危険な、
アクションもこなし。

本人がインタビューで答えていますが。

・トンネルの上から電車への飛び込み。

・雪山では崖を転がる。

・線路のレールの間に寝転び電車が通過。

などこれ以外にも色々ありますが、

自分自身で命の危険に関わる、
アクションをこなされてきたのです。

実際に映画の撮影中に何度か怪我を
しているにも関わらず。

自分の体一つを頼りに演技をこなしていく
その根性と精神力は中々普通では出来ません。

また空手家として過去に実際に打撃で、
戦いあうフルコンタクト空手の大会にも、
出場されており。

公表では千葉真一さんの身長は176cmで
大会では180cm以上の黒人である。

グレッグカーフマンさんに勝利している
あたり当時は腕っ節も相当強かったのでは
ないでしょうか?

色々と武勇伝を見る限りまさに
日本の侍千葉真一としての姿がそこにはありました。
posted by 芸能博士 at 14:05 | Comment(0) | 芸能界最強の男は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。